細胞を元気にする方法

 

私たちの体を小さく分けていくと頭、腕、足、肝臓、肺、胃など腸部、そして、組織、さらに分けていくと、肉と皮膚、骨に分けられ、どの部位も髪の毛から足の爪まで“細胞”という最小の生命単位に分けられ、身体のどの部位も形と形態、機能がすべて“細胞の集まり”にすぎません。血液と骨も細胞です。体全体の細胞数はおおよそ70兆個に達します。この一つ一つの細胞の健康が、結局、各組織と腸部、さらには体の健康につながります。それで、最小の生命胃単位の細胞の特性を理解してこれを健康に維持する方法が分からずに病と闘いを挑むのは実体のない虚構に刀を振るのと同じで、無謀なことです。

 

細胞を健康にする技術的方法はたくさんあります。しかし、単純化させて一つにできればよいのですが、一つよりは二つ、二つよりも三つが完全に調和をなしています。それで3つの調和を土台に健康理論を適用してみましょう。細胞に直接的影響を及ぼす3種類は何か?

 

第一に、精神的な部位です。厳密に言えば、肉は霊から分離して管理できません。肉は霊の支配下にあるので、まずは、私たちを創った創造主を信じる心が重要であり、摂理により秩序の中で生きることが必要です。事実、私たちの体の生きている細胞が最も敏感に反応するのは精神(心、考え)であることは現代科学でも明らかにされています。ストレスが万病の根源であるという見解も間違いでありません。

第二に、物理的部分です。この部分は体の外形的な骨格と色、形態によく現れます。体の梁である脊椎が正常でないと健康ではありません。細胞の健康のために必ず正さなければならない部分です。

第三に、栄養学的部分です。細胞が絶え間なく新生―成長―死滅を繰り返すときには、必ず、細胞が好み、必要とする栄養素が何であるかは細胞の健康のために必要要素です。

 

健康によい何かがあると言って特定の一種類だけ実践したからと言って健康になるとは言えません。生活習慣は、体によいものだけを必死に食べたからと言って健康を守れないように、・・・だからと言って、健康のために一つ一つ、多くの解剖学的知識や本を読破する必要はありません。

一旦、大きく2つに部分に分けて体を見てみましょう。まず、先に言及した通り、私たちが究極的に健康にしなければならない部分は細胞だということ念頭にいれて始めましょう。

 

細胞は最小生命単位であり、部位ごと期間は違いますが、一定時間(だいたい1年)が過ぎると、老化して脱落し新しく生まれ変わらなければなりません。100年という流通期間の体を構成している1年の流通期間を持つ細胞が良質の栄養と酸素を絶え間なく提供を受けながら毎日新しく交代し生まれ変わります。もちろん、歳をとるにつれ退化する細胞よりも新しく生まれる細胞の数が減っていきます。

 

歳月に勝てる長寿があるだろうか?これを私たちは自然老化と言います。若くても、早くから、この交換ができないで死んだ細胞が増えると、そこに細菌とウィルスが繁殖し、該当の臓器の機能に問題が生じたり、炎症や癌などの深刻な問題に直面するようになります。このような一連の過程は、酸素と栄養分を血液という物質が細胞に正常に運ばれ二酸化炭素と老廃物を正常に出し入れすれば細胞の正常な状態が維持され若さと健康が維持できます。ます、栄養学的接近をしても、人体の物理機械的システムを理解して接近すると情報の洪水の中から私の判断基準を正確にすることができます。

 

私たちの体は、どんなに複雑でも、結局、分けると細胞と血液の2種類に分けられます。骨も細胞であり、髪の毛も細胞です。すべて血液によって維持されるのは当然です。疾病も種類が多くても大きく分けると正常(健康)と非正常(疾病)があるだけです。すなわち、交換維持が正しくできているのは正常細胞とみることができ、そうでなければ、非正常細胞と見れます、非正常的な細胞に時間がさらに経過すると病の重度が分かれると言えます。

 

一言で整理すると、“私の体の中には血液と細胞が正しく会えば、私は生活しながら医師に会うことはない”という結論です。もちろん、血液が栄養分と酸素を運搬するので食事を正しくして細胞が必要とする良質の栄養が血液の中にたくさんあることを前提にしています。ですが、栄養学は後回しにして、一旦、機械的部分を見てみましょう。同じような生活をしていても病にかかるのは、何か特別な毒にやられたのではないか?ほとんど同じ三食の食事をしているから。とにかく、細胞への移動が最も重要ですが、血液が細胞に移動するするためには何が必要なのか?

 

全ての運動にはエネルギーが伴うように血液が細胞に移動するのにももちろんエネルギーが必要です。心臓から出た血液が動脈を通って細胞に栄養分と酸素を運び、再び静脈に出てきますが、細胞と出会う最先端は毛細血管です。太い血管が詰まると手術もしますが、毛細血管は難しいです。血管は13/100万mmですので、毛細血管を通して7/100万mmの血液が通過して細胞と出会うので健康を論ずるとき、最も重要な部分です。動脈の端に細動脈括約筋というバルブがあって細胞への血液流入をコントロールします。このバルブが脊髄の神経の圧迫程度と関連があるので正常脊髄の維持は血液の流れと細胞維持にとても重要な部分です。脊髄の状態は、ちょうど、電気の陽イオンであり、細胞への血液の流入量と直結しています。そして、細胞への血液流入量だけ細胞の交換が起こります。

もし、脊髄の状態が正常範囲か80%以上外れて(特に頸椎部位は重要―体整体のコントロールタワーである脳の血流量を担当)20%しかできないで80%は死んだ細胞になり、ごみになり冷えていきます。このとき、早く、原因を知り手を打たなければいけません。放置したり薬に依存すると細胞の死、結局は体全体の死へと向かう取り返しのつかない結果をもたらします。結局、私たち大部分は機能喪失の原因を知らず、機能を失い、死の原因を知らずに死に向かう悲しい現実です。

 

正常な血液の循環量が20%以下になると体は病に入り始めます。入るという表現をしましたが、事実、交換されない死んだ細胞の量が増え、体温が下がると死んだ死体を処理する死神が私たちの体内に常に存在しています。細菌とウィルスです。これらに仕事を与え私の体自体がこれらの活動条件を提供して各種炎症と癌などの慢性疾患を作り出します。最近、よく糖尿も血糖数値に敏感に反応するよりは膵臓(細胞)を正常化させるとインシュリンが正常に分泌され糖尿はなくなります。そのためには血液が膵臓細胞に行かなければならず、そのために頸髄から該当部位脊髄が正常になるのが重要です。ここである読者は脊髄だけ正せばよいと思うかもしれませんが、骨は筋肉によって固定され維持されていて、既存の代替医療的方法で源泉的に解決できない場合が多いです。該当部位をほぐすマッサージも一時的にはよいかもしれませんが、血液の流れに逆行する治癒方法です。すべての代替療法の原理を解いて長短所を比較分析したいところですが、ここでは必要ありません。体のシステムが、おおよそ、どのように動いているかを理解して方法上のいくつかを紹介しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です