健康維持の為の栄養補充

現在の科学者たちはどのように酸素を利用して癌細胞を消滅させ、健康を回復させるかを研究しています。酸素があればすべての病を克服できるからです。最後に栄養について整理すると栄養は薬とは違い薬の概念で栄養に接してはいけません。聞いたところそのようでもあり、効果があるらしいと健康機能食品に接近するのもいいことではありません。これらは持続的でちょうきてきに摂取したとき100%吸収されるかは未知数です。体に蓄積されるファストフードを持続的に食べる以上に体を害する原因になります。

アメリカの有名な医者書いた“疾病の終末”という本には数十年間ビタミン剤健康補助食品を長期的に摂取した人たちほど、かえって癌や慢性疾患に露出される場合が多かったとい思われるという事例報告書に驚かされます。私は10数年前突然健康食品に対する心からの悟りですべて捨てました。この本で私の考えと一致する科学的根拠を見て、私の考えに確信を持ちました。私が市中のタブレット、カルシウムなどの数多くの高濃縮抽出の健康補助剤よりも一般食堂の食事を勧める理由があります。補充剤を選択するのであれば、“いい薬は口に苦い”といいますが、“よい栄養はおいしい。”よい栄養は体が必要とするものなのでおいしく食べれば満足感があります。匂い、味、香りが食欲をそそる。体が必要としているからです。正しい栄養に対する認識を持つ必要があり、正しい選択基準を持たなければなりません。

 

食べることはそんなに重要なのか?

この問いは私はだれなのか?という質問に応えてみるとわかります。2歳から私たちは食物を摂取するようになりますが、身体は食べるもので造られていきます。あるものを食べると徐々にそれに変わっていきます。私たちが食べるのが私たちということです。

服に穴が開いた。何でふさぎますか?黄金で穴をふさぐといいでしょうか?同じ生地でふさぐのが最高でしょう?私たちの体も問題が生じるとそれまで食べていたもので修繕するべきで薬で修繕するのはよくありません。薬は穴の開いた部位を、それ以上大きくならないようにして、大きくならなければすぐに中断して身体が必要な原料で埋めなければなりません。

食物を食べて健康になるには燃料、点火、呼吸、解毒、すべてが円滑でなければなりません。このすべてが均衡のとれた栄養は必須です。栄養不均衡はとても恐ろしい病であり、UN保険機構で言及しています。なぜなら、ここで5種類の重大疾病が関連しているからです。癌、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、肥満症が栄養欠乏で起こる病です。現代人は質的な部分では燃料(三大栄養素)はとく食べていて添加剤(鉱物質)は少し食べなくてもすぐに死ぬわけではありません。しかし、酸素という栄養剤はそうではありません。不足すると、すぐに死にます。病院の人口呼吸器は患者の最後の栄養剤です。栄養療法もすでに述べた血中酸素飽和度を高める方法と科学的で体系的な接近を持って接近しなければならないと現代医学を非難し高費用を要する代替医学的接近もまた対策がないということを心に留めなければなりません。

 

血管が詰まると血液と酸素不足になり、その臓器に問題が起こります。多くの場合三大栄養素のとりすぎで詰まります。血管の渋滞はとても恐ろしい病です。貧血よりも・・薬局では血管掃除剤を販売します。コレストロールを高めると血管を止める役割をするので下げる処方薬を飲みますが、肝臓に損傷を与えます。飲まないと心臓に問題が起こります。飲むのなら副作用を受け入れなけれななりません。顔色が1年飲むと1年ずつより老けていきます。普通、10歳老けて見えます。これを解決するには、歳をとるごとに量を減らす油成分(オメガ3)を多く飲まなければなりません。そして、ビタミンB1,B2,B3が必要でビタミンCの力が加えなければならず、ここには科学の組み合わせの力が必要です。血管壁のコレストロールを取り出さなければなりませんが、外れた塊が、再び血管をふさぐので少しずつ落とし排出していく技術が必要です。

 

糖尿はどうなのか?

食物摂取の後、血中の糖をインシュリンが正常に働かないのが問題です。インシュリン工場である膵臓細胞を担当する骨を生かし細胞を生かしてインシュリンの材料を正しく供給する方法を紹介します。インシュリンは2つのアミノ酸を硫黄が3個のS-S足で連結されていてCrが入っていますが、これをインシュリンと言います。糖尿は血中の糖がお互いにくっついて塊になりねばねばしています。血糖数値は意味がありません。血中のこの塊の比率が問題で6%を超えると糖尿病です。これを糖化血色素数値HnAlCと言います。正しい栄養療法でこの塊を崩していけば糖は一つずつ細胞に吸収されていきます。このとき一時的に血糖が上がる現象が生じますが、この塊をすべて壊して吸収されると徐々に安全化、正常化します。この塊があると目や足、腎臓など末梢毛細血管部位まで血液とは言えないまでもやっと到達しても帰ってくることができず腐ります。合併症が恐ろしい理由です。インシュリンを造る原料をよく食べないといけません。硫黄、ネギ、ニンニク、ニラを食べないと。しかし、いつもは食べれない。

 

脳の問題である痴呆、パーキンソン、脳卒中、中風、皮膚疾患であるアトピー、乾癬もすべてこれらの範囲を超えることはありません。不眠症、憂鬱症、各種臓器の問題、高度肥満、手足冷え性、高血圧、癌など、列挙できない奇病など、私たちは難しくなく理解できて自ら正しい情報と判断で努力と時間をかけるならば、新しい創造的な生を生きることができます。

 

疾病は一万種類でも今まで言及したように血液と血管細胞との関係の中にすべての答があるので、この全ての総合的観点から接近する人は教育に参加し学び実践することを願います。子供たちの背が伸び、勉強ができるようにして、体力と忍耐力をよくする方法もユダヤ人の学習法があるようにユダヤ人の栄養法があります。ユダヤ人はその方法を知っているのでとくに聡明です。彼らは私たちが普段食べれない栄養源を食べます。栄養源の違いで数学、物理、化学ができないのを彼らは知っていた。

それ以外に睡眠、運動、様々な生活習慣など重要なものがありますが物理的部分を総合して説明して、この部分を長い試行錯誤の末、穀食を区分して選択を助けるようした。詳しい相談と具体的記述的接近方法が必要な方は連絡してください。切迫して相談がどうしても必要な方です。

 

細胞と血液を考えずに健康を論じることはできません。したがって部位ごとの違いはあっても細胞の交代周期は1年、血液の寿命(栄養分と酸素を運搬できる有効期間)は120日なので、120日~1年程度が体全体を健康な状態に回復させる栄養療法期間です。

 

特定製品の言及は控えましたが、以上の条件に合う食卓でおいしく食べれる主食の範疇から外れない卓越した吸収力を誇り、老若男女、妊婦が持続的、長期的摂取が問題にならない安全な食品であり、推薦、情報のみ提供―本人が選択し判断されるようお願いします。

繰り返しますが、体の外的均衡を正す物理的療法は内的栄養均衡療法の治癒効果と期間を短縮させる助けになりますので平行して行うことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です