健康維持に必要なのは、365日36.5度

それでは、私たちは、健康の維持のために何をしてるか?

運動をする。よい食事(漢方)を食べる。健康食品を摂取する。マッサージを受ける。針/やいと/カップリングをする。足浴をする。各種、温熱療法をする。鍼治療をする。脊髄矯正をする。祈祷(瞑想)をする。ヨガをする。・・・列挙できないほどたくさんあります。それぞれ助けになるものです。

 

なぜ、これらの多くの方法を試すのか?

このすべては結局、良質(澄んできれいな)の血液を作り、正常に流れ細胞と会うようにするための努力です。すなわち、これを血液循環と言います。問題はこの努力を強度を上げて実行しても満足できる結果が得られない場合が多いということです。さらに、自分で行ったり、莫大な費用が掛かる問題があり、実行できないことも多いことです。

 

先に列挙した方法とその他、多数の方法は私が生きようと試した方法なので、その欠点と限界もよくわかります。

 

それでは、どのように接近すれば、問題なく健康管理をすることができるだろうか?

よく言われる血液循環の概念を新しくしなければなりません。90年代にはビタミンなど栄養療法で健康事業をする人が多く、10年前からはデトックス(解毒)というキーワードを多くの会社が使うようになりました。それだけ、満たすことよりは掃除が重要だという認識が新しく形成されました。しかし、掃除も外部企業よりも私の中でできることを点検する必要があります。私たちの体は掃除システム、すなわち、リンパがあります。多くの役割を担当するリンパに対して、最近医学界では新しく照明されることは驚くことではありません。正しい血液循環は骨から皮膚まで流れるすべての血液が生きていて正常的な血液がよく流れることだと言えます。皮膚の表皮層毛細血管に血液が究極的に血液が正しく流入しなければリンパという下水道が活性化され免疫系が生き極大化できます。結局は、外科的手術以外のほとんど大部分の治療法は皮膚表皮の刺激や管理を通して表皮層毛細血管への血液量を増やして治療しようとしています。

 

結局、病は名前が多くても一つです。細胞と血液のミーティング不発!

これを自ら効果的に管理できる方法について知りたい方は機会があれば教育を通して理解しましょう。私が国内外で検証し蓄積した資料とノウハウをお伝えする準備ができています。

 

それでは、これだけの物理的循環が信頼関係の中行われると重要なもう一つが残っています。三番目に細胞に本当によい栄養が何でどれだけ細胞内に吸収されるかが問題です。繰り返しますが、細胞は栄養と酸素により新しく生まれ変わり、交代するからです。栄養の重要性を知ってのことか市中では健康食品であふれています。

 

否定的誤解もあるかもしれませんが、健康食品の中には、ネットワークの製品に特化したよいものもあります。しかし、もっと重要な栄養をしることができました。私は以前は、健康食品は必須だと思って多くを試しました結果、正しい食事をすることほど、私たちの健康を守るのに勧めれるものはありません。それだけのお金で普段からきれいな食材で作った食事をゆっくりと長くかんで規則的にすることが、より重要なことです。血液の原料になる食物が細胞に流入する前に最終的に健康なブドウ糖にならなければなりません。それで、健康な食事療法の出発は口から始まります。

 

そして、私たちの伝統発酵食品類を勧めたいです。豊かな有益菌と吸収が優れているからです。私たちよりも100年先を行く科学技術で武装した西洋の抽出、濃縮技術の高濃縮の画期的な健康食品を作り出しましたが、食卓にある私たち先祖の自然発酵技術にはかないません。

 

どこどこによいと臓器別に分類してターゲット化して各種栄養製品を作り、販売しますが、肝細胞や皮膚細胞のような細胞であり、これらが好み吸収する栄養は同じです。今の一つの食事は肝によいのか?心臓にいいのか?ただ体によいのであって、すべての部位に適用されます。犬と人間の細胞は違い、要求される栄養は違います。しかし、どこの地域に住もうが、形態、形、食べ物の名前は違っても人であれば、人間細胞が必要とする好まれ吸収される栄養物質は同一です。すなわち、よく知っている炭水化物、脂肪、タンパク質の三大理要素とビタミン、ミネラルの5大栄養素です。微量元素、食物繊維も重要な栄養素です

 

現代人の疾病は栄養不足というよりも3大栄養素の過多摂取です。そして、これらの摂取比率の問題です。私たちの体は思うよりも高タンパクは必要ありません。不足しているのは主にビタミンミレラルです。そして、ミネラルの中でも極少量のみ必要な微量元素です。そして、重要と言われている酵素は微量元素の助けなしでは活性化されな場合が多いです。栄養学こそ科学が必要です。

 

ノーベル賞を2回受けた研究員がいました。1931年ノーベル賞を受けた人はOtto Warbrugです。この人は、人体に必ず必要なのが鉱物質(ビタミン、ミネラル)であるかを研究しましたが100あまりの鉱物質が吸収されたとき免疫反応を研究した結論は人類の疾病中80%以上が鉱物質の不足で生じ、20%が3大栄養素の不足によることを明らかにしました。この方の業績はとても優れていてノーベル賞の受賞後10数年後経過してすべての科学者がこの功績をふたたび評価し、再度、ノーベル賞を授与しました。ビタミン、ミネラル、それぞれは、身体のどの部分に影響し、欠乏時、どういう疾病に露出されるかについても十分研究されています。しかし、鼻炎にいいものを食べても鼻炎が解決しません。いろいろ研究された学説と理論は優れていてよいのですが、なぜ、実際とは違うのか?吸収できていないからだとわかりました。吸収ができない理由は2つだそうです。第一に、体が吸収しないからであり、第二に栄養物質成分自体が吸収されないからです。前者の理由は人体の簡単なシステムを説明した通り血液が細胞に移動するための脊髄(電気)、血管(道)、血液の量と質などの問題を解決できなければなりません。もちろん、これらは細胞栄養学と密接な関係があります。

 

私たちが良質の食物を食べると細胞内エネルギーを作り出すミトコンドリアというエネルギー生産工場でATPという高エネルギーを作ります。反対給付で活性酸素も出てきます。三大栄養素を燃料と考えると、この燃料の質がよくないと不完全燃焼になりやすく、すすが多く発生し、これを活性酸素に当たります。ジョンズ・ホプキンス大学では疾病の90%が活性酸素であるという発表もあります。それで、完全燃焼の過程はとても重要です。私たちの体はこのように食物(燃料)を摂取して燃焼という重要な過程を通して36536.5度という体温を保つ努力をします。細胞でこの燃焼の過程がうまく起これば健康を維持できます。それで、食物を食べて出てくるエネルギーを穀気と言います。代謝がうまく行けば気運が出て体温が上がります。そうでないと気運が落ち体温が下がります。体温が1度下がると免疫力が30%低下します。それだけ体温維持は重要です。

しかし、体温が下がるというのが体の温度が下がるのではなく、各細胞が熱を発生していても該当の細胞が熱を放出せず細胞の温度が下がるのです

 

熱の話が出ましたので、少し、体から熱が出る現象について見ていきましょう。熱はなぜでるのか?私たちは風邪や体のある部位の炎症で高熱が出る場合があります。子供が熱を出すとすぐに解熱剤を飲ませるのは正しいのか?私たちの体に細菌による炎症、風邪ウィルスなどで問題が発生すると敵の危険を感知した体はすぐさま武器(免疫物質)を生産して血液に移動するようになり敵と戦うようになりますが、このとき、熱が出ます。熱が出るのは、皮肉なことに免疫力が極大化している兆しです。免疫細胞を攻撃する敵軍(細菌・ウィルス)は38.5度の温度を恐れます。

 

それで、体温は上げて自軍を助けているのに解熱剤を投与すると細菌の気勢が上がり結局敵軍を助けることになります。抗生剤の無文別な乱用は無差別に絨毯砲撃をするようなものです。体温を上げる薬(増熱材と言えばよいか?)があればいいのですが解熱剤しかありません。実際、人の作った薬はよいものはほとんどないので不可避的な場合にのみ使いましょう。細胞は“燃焼”という方法で熱を出しますが必要なのは燃料(三大栄養素)です。自ら燃えないので“点火”が必要です。たばこにライターで点火するように、燃焼で熱が出ないようにするには“制御”も必要ですが、ここでもやはりミネラルは必須的な役割をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です