体の痛みの本当の理由

 

  • あなたの体がお金で改善されている現実で万病を自ら管理し直すことができる人体の単純なシステムと原理
  • あなたと家族の生の質を向上させ疾病のない長寿を願うなら、そして不要な医療費を減らすためには最小限の知識と知恵が必要です
  • 自分の体に対する簡単な理解と正しい栄養療法、実体験による詳細な情報提供
  • 不治の病、慢性疾患の予防と治癒気法、青少年成長/受験生の負けない体力維持秘法と頭をすっきりよくする方法!

私たちはなぜ痛いのか?なぜ疲れるのか?なぜ炎症が生じるのか?なぜ太ってしまうのか?なぜ糖尿になるのか?なぜ癌にかかるのか?

私たちが生きながら必ずしなければならない何よりも重要なことがあります。すなわち、私たちの体を大切にすることです。そのためには私たちは私たちの体について最小限の知識が必要であり、正しい管理法が必要です。解剖学的な難しい知識ではなく管理のための知恵を知らなければなりません。

あなたは、どこか痛いところがありますか?本当の原因と解決策は?

痛いときには専門家(医師)の手に任せて問題を解決すれば終わりで自分が神経を使うことではないと考えることもできますが、管理の主体である私の手を離して、自分の体を他人の手に任せてしまうと私たちの最小限の人間の尊厳性をも失ってしまうことを忘れてはなりません。科学と医学がどんどん発達して、よりよい薬が開発され病院と医師が増える中、なぜ、患者はどんどん増え治せない病が増えていくのでしょうか?

使用中の車が突然、変な音を出したり、エンジンがかからなくなると、どうしてだろうと考えるのに、大事な自分の体に対してはあまりに無知なのではないでしょうか?

病院に行って診断を受け、「炎症があります」と言われると、「どうすればいいですか?」「治療はできますか?」「どんな薬を飲まないといけませんか?」と聞いて、何も考えずに処方に従います。「どうして炎症ができましたか?」「なぜ水が溜まりますか?」など質問をする人はほとんどいません。回答を期待して問いただす“なぜ?”を連発するとよい患者と思われないかもしれません。

しかしながら、すべてにおいて原因があり結果があります。原因を知らないまま結果(症状)だけを処理するのは、後でより大きな災いをもたらすこともあります。病も必ず原因があり結果があります。原因を知れば、痛みがなくても事前の予防が可能であり、現在の結果をもたらした原因を除去すればよい。癌にかかる原因を知れば、かからなくできます。

私たちは現代医学とこの分野の専門家たちから大きな恵沢を受けていますが、医者は本を読んで勉強をしても病の原因を学んではいません。超現代的な科学装置で検査をして診断をし、モニターで確認される正確な数値が疾病の原因を教えてくれるわけではありません。出てきたデータと結果からどんな処置をしなければならないかを主に扱っています。しかしながら、大部分の慢性疾患は原因を知り時間をかけて対処しなければなりません。実際、病の原因は科学を適用すると解剖学的側面ではなく、(運動)生理学的側面から始める必要があり、もしかすると医者が扱うところではないとも言えます。

とにかく、私たちは肉身によりあらゆる生をささえており、自分の苦痛を解決する問題はとても重要です。私たちは大部分、なぜなのかということは聞かずに処方と結果を早く求めてしまいます。今の苦痛を直すのが優先で当然でもあります。しかし、一度、病院との因縁を結ぶと各種の疾病との鬼ごっこで病は慢性化が進み、生の質が顕著に低下し不幸な人生が始まります。

人は自分以外の他の誰かを助け社会に向けて創造的でやりがいのある仕事をすると楽しく幸せを感じます。ところが、自分自身が精神的、肉体的な“苦痛”があると、そのような力はもう出てこなくなってしまいます。すべての考えと感心が“患部に向かいます。”自分だけを考え利己的人間になります。家族との楽しい対話の時間でも気持ちのない言葉と、たまに苦笑いして座っているだけ。私の経験です。笑いと喜びは消え幸福はなくなります。苦痛のときは私たちを創造された創造主を心から賛美し喜びを返すことも難しい。神様は世の中を治め万物を管理し、幸福に繁栄することを願われています。健康は、長く説明する必要もなくとても重要な理由です。

私は徹底的に健康を失ったのでわかります。そして、全てを試したのでどんな努力をし、どこにどのくらいのお金を使っているかもわかります。治癒と回復を願う人たちが私のように莫大な経済的支出をしながらも得るものがなく結果が現れないのを見ると、いたたまれない思いです。それで、最善と思う情報を知らせたいです。ある部分に正確な知識と理解を持つということは、少なくとも、何かを選択するときの判断基準になり応用力を発揮して簡単に口車に乗せられることもないでしょう。

治療と治癒は意味が違います。治療は主に外的な処置に依存します。急性の場合に施さなければならない大部分、他人(医師)の手に任さなければならない場合です。最先端科学の発達により現代医学の適切な使用がこれで、とても重要な部分です。しかし、治癒は病のなかった状態に自ら自然に回復ことです。体が自ら内的治癒作用が起こるように外的な処置をとる場合もありますが、主に自然な方式です。

例えば、風邪にかかったとします。体を温かくしてゆっくり休む。数日後、風邪が治癒され以前と同じ体の状態に回復する。治癒方法は私のもう一つの医師、すなわち体の免疫力があるので可能なことです。外にいる医師の助けを受けて体にメスを入れたくなければ、普段から体の中にある医師を助ける努力が必要です。よく聞くことですが、この治癒方法を少しだけ簡単に理解していればすべての疾病治癒に適用ができます。しかしながら、私たちは“免疫力”“血液循環”を文字、単語としてのみ知っていて“本当の意味”を理解できていないので実生活に適用できないでいます。

私はあるとき大学入試英語を指導したことがあります。英語を勉強するとき英文法が独特で難しいという子供たちが多いです。用語と構造を結び付けてその2面の意味がわからにので実際に文章を書いたり話そうとするときに役に立たないことが多いです。それで面白くなく難しい。覚えても覚えても終わりがないと悩みます。でも、構造に正確な意味が分かるようになると暗記しなくても理解できるようになり想像がつくようになります。健康と体に対する部分も知識と暗記で接近しようとすると体の健康を守り回復治癒させるのが自ら適用することができません。数回聞いて理解し単純であるけれども、深い意味をかみしめ常に自ら健康を守り管理できる生きた適用可能な知恵でなければなりません。

多くを学び知識豊かな医師は私たちが痛いときに病を治療してくれます。人体がとても複雑で難しいので肝臓―心臓―肺―胃―大腸など身体部位別に腸部別に細分化されたそれぞれの器官に該当する専門家がいます。しかし、私たちの体はすべて連結されていて肝臓と心臓は別々ではありません。歯が痛いときは頭痛もして時にはお腹が痛いときもあります。

すべての器官は互いに助けを与え受けしながら緊密に連結されているからです。具体的に何でどのように連結されているのか?各部位の固定された細胞は移動する細胞である血液という物質を通して連結されています。それで、病の一部分を見る前にその患者自体、すなわち、人を全体的観点から見なければなりません。病で人を失ってはいけないからです。

この冊子を何度か読んでよく理解する方は本当に自分を愛する者であり幸運な方です。お金で買うことのできない最も価値ある情報を持つようになりこれを読む前とは健康に対して謙遜であり合理的な自信が生まれます。正確な理論と私の実際の経験を通した詳細な真実が込められているからです。健康上の問題で治癒と回復のために苦悩している方であれば私の言葉が大きな助けになることを確信します。

今、皆様に誰かが、“あなたは健康に自信がありますか?あなたとあなたの家族は今健康でこれからも健康だと自信がありますか?”と“はい”と自信を持って応えれる人はほとんどいないと思います。現代人たちは子供から大人まで病名がなくても全て正常で爽快なコンディションを維持している人はあまりいません。医者から病名の確認証明を受けてから体を気遣うのではなく、今から、100年の生涯の生活の基本になる体からの信号に無関心でいられますか?健康であればこそ、何をしようという思いが生まれます。

いったい健康が何で、どういう状態であれば健康だと言うことができこれからも健康であり若さを維持できると自ら自信を持つことができるでしょうか?

いかにすれば痛くなく健康に暮らせるかを具体的に簡単に理解して接近するのが必要です。そのためには知識ではなく知恵が必要です。健康専門知識が豊かな医師も痛みがあります。豊かな知識は決して健康を守ってくれません。私がよく理解でき自ら簡単にできることが私を守るのに役立つことを覚えておきましょう!さっぱりした食事、軽い散歩、体操、こういうのが何よりも重要と言えます。

医者でもない私がなぜこのような話をするのかしばらく私の話をしてみます。

私は不惑に入る若い年に突然胃壁が出血し癌で体全体が衰弱し呼吸混乱と全身アトピーアレルギーで深刻な鼻炎、あらゆる腸部が機能を失い不眠症と頭痛など言葉にできないほどに、体から送られるちょっとしたサインを無視していたところ、一つの部屋に入り数年間を死のトンネルから抜け出そうとあらゆる苦労をすることになりました。当時、手術を勧められたけれども病院を選択できなかったのは、その時の体力ではとても生きて出てくる自信がなかったからです。自動車で言えば、廃車一歩手前でした。幸いに神様の恩恵で体を理解し守ることを気づかせてくれ知恵ある方法に出会うことができ、多くの経済的出費と試行錯誤の末、単純で楽な疾病を予防して健康を回復させる公式のような原理を成立できました。

私たちは、主に本、講義、各種媒体、特にインターネットからたくさんの健康情報を得ることができます。また、在野の健康専門家たちも貴重な情報を提供してくれます。しかし、マークトゥエインは、“金づちを持つ人にはすべてが釘に見える”と言っています。本人が経験した特定の状況の特定の人たちに効果的に適用されたことで、世の中のすべてのくぎを打とうと金づちを振り上げる。情報があまりに多く客観性に欠ける場合が多いです。

私が、今まで試行錯誤をしながら悟ったことは、先に列挙した情報媒体を通して知識と思っていたことは実際とは異なるということです。公式と原理はすべての人に同じく適用され変わらぬ結果が出なければなりません。それで、私が悟った内容を伝えるために、以前“体を生かす公式”というブログを運営したことがあります。

まず、体は何で、この体がどのように正常に維持管理されるのか?そして、故障すると、どのように修理して長期的にどのように健康に管理されるのか?私は医療専門家でありません。常識的で自然法則の次元で話そうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です