ミネラルの必要性

ライターの役割をする点火物質が鉱物質(ビタミン・ミネラル・微量元素)です。これらは、野菜と果物から得られます。人は必ず食物を通して吸収しなければならず、死ぬと土の中に分解されミネラルが土壌に帰っていきます。健康な土壌が私たちの健康と密接な関連がある理由です。

 

ミネラルがこのように生命維持に重要な物質ですが、UN農業機構によると現代人たちが食べる野菜と果物に入っている栄養成分は数十年前の栄養素の30%未満です。それで、どんなにたくさん食べても不足して細胞の不完全燃焼はさらに深刻化します。私たちが食べる主食である米だけを見ても胚乳と糠に各種ビタミンとミネラル、酵素などが豊富に含まれていますが、その部分を捨てて食べるので、木だけたくさん積んで火を付けたり火を起こせないので燃やすことができないのが現代人の数多くの疾病が生まれています。整理すると、まず、燃料は良質の栄養でなければならず、よい点火装置が必要です。この条件が満たしていて燃焼できない場合があるでしょうか?です。

 

密閉すると燃焼がおこりません。すなわち、酸素がなければ燃えずに細胞は熱をだせません。それで、呼吸は最も重要な運動であり、酸素はどんな栄養素よりもずっと重要な栄養素です。もちろん、鼻と肺はとても重要な体の器官です。私は鼻炎で長い歳月鼻詰まりがひどく睡眠無呼吸症もありました。しかも運動で肩を怪我をし肺をつかさどる脊髄神経の問題も肺の機能をかなり衰えていました。肺が壊れると体のどこかに問題が発生するのではなく、体全体が一度に完全に崩れ敗家亡身に至ります。(肺と敗が同じ発音)

私が他の人よりもどんなに努力しても回復が遅かった理由です。手足の脈を診たとき肺の脈が弱いと回復ができていないか長くかかる場合が多いです。このように燃焼をしても火が消える場合が火花が出るところに異物質が挟まっている場合があります。掃除が必要です。燃焼ができないのは細胞から見ればすべて毒素です。解毒が重要な理由でもあります。毒素排出にミネラルは重要な役割をします。

上で、最も重要な栄養素が酸素だと言いましたが、ある学者は“すべての疾病は酸素が答えだ”と言いました。おそらく多くのことを含蓄したもっともな言葉です。

呼吸が正しく肺が健康な人は酸素供給がうまく行っているので病にかからないはずですが、実際はそうでもありません。そういう人も酸素が不足しています。肺から酸素が供給されますが、肺自体が酸素をたくさん必要で肺は常に酸素不足です。体全体が多くの酸素を必要としているので肺で使うことができるのは10%しかありません。肺を通って体全体に酸素を送ります。血管を通して血液の中の赤血球に結合して酸素を運搬するのでどこかの腸部に行く血管が詰まっていたり血液量が少ないとその部位は酸素不足に苦しみます。血中赤血球のヘモグロビンの鉄で酸素を吸入して細胞に酸素を輸送します。鉄が不足すると貧血になりますが、地中海病は鉄の欠乏補充ができない病で様々な病気にかかり体質が弱く短命です。鉄分剤補充が重要だと考えますがDNA自体が鉄欠乏を補充する解決できない病です。両方の変化をすぐに達成できないので質的変化を先に改善していかなければなりません。単純に鉄は酸素を吸収できる能力がありません。Fe+より<Fe++<Fe+++が酸素運搬能力がよいです。酸素の運搬能力が同じ血液でも3倍の違いが出ます。体内でどんなものが入ったか?血液が鮮紅色であれば、質のいいFe+++が、黒色だとFe++の可能性が、濃い黒色や褐色、紫などであれば、Fe、あるいは、Fe+と思われ、酸素供給が円滑でないです。カップリングで表皮層毛細血管で真空圧で血液を循環させたとき判決できます。無反応は血液の不在を意味するのでとても危険で血球と幹細胞の工場である骨髄の中に十分な血液が供給されて良質の血液量を増やせれなければ、ある治療が完成したとは見れません。多くの場合、重症に至った人体の物理的部分の共通点は頸椎1番と6,7番の深刻な問題が大部分です。私は物理的な方法から血液の質的条件を改善する方法を最近に見つけ出しとても興奮しました。

 

赤血球が鉄で酸素を吸収して血管を通して足先の細胞、あで運送しますが、そこへ行って酸素を離さないで行くと血液移動の意味がありません。目的地で酸素を離すのが重要です。それをB12がします。それで、貧血は鉄欠乏の場合とB12欠乏の場合があります。

 

貧血症状のある人は酸素が不足しています。ふたを開けて酸素を供給すると、発酵が止まり、癌もなくなるのに、貧血がなくて癌にかかることはありません。癌患者は必ず血液が不足しています。毛細血管が詰まっています。体温が低い。癌患者が風邪で熱が出て熱くなることはあり得ません。もし、そういう人は次の日検査を受けてください。あった癌もなくなっています。癌はウィルスで熱に弱いです。外部から注熱するとなくなるか?そうなりそうで、そうならない理由があります。それなら死ぬ人がいなくなる?炎症で熱の出る人が、それでも非正常に見えますか?あ!神様!私たちの自然への歯向かいを許してください!酸素不足(血液不足と脈を忘れないで)で火が消え細胞が死に体が痛くなる理由です。心臓病は実際赤血球が酸素を持って、心臓に到着しても心臓の血管が詰まって酸素を伝達できなくなっているからであって、それで心臓病は心血管関連の症状かもしれません。肝臓で酸素が不足すると肝臓に異常が起こります。肝臓への血液供給と脈を一緒にします。

 

死んだ細胞の量が少ないと新陳代謝を通して新しい細胞を作ればよいが、意識できない状態から一度に多くの量が死に再生ができなければ回復不可能は病である可能性があります。死んだ細胞は切り離した肉に過ぎず、ここにはすぐさま細菌とウィルスが集まります。一部分に生まれた問題は切り取ることはできますが、他の部分も安全とは言えません。

 

また、一つ、私たちが痛くなる最も重要な原因の一つは酸素不足です。頭が痛かったり、不眠症は頭の酸素が不足しています。常に緊張していてストレスを受けるのも酸素不足です。体の力が抜けるのも酸素不足です。80%は酸素さへ供給されれば健康が回復できます。酸素は、私たちが生きる中でとても重要な要素です。それで、酸素があれば生物体が成長するのを知っているので他の惑星で生物体が生命活動をできるかどうかを調査するために、最初に酸素の有無を調査します。酸素は気体で探すのが難しく水があれば酸素があるので遠赤外線カメラで水を探そうと努力します。

 

このように酸素は生命と直結するとても重要な要素であり、細胞の中に酸素が不足すると燃焼ができずに温度が下がり死亡に至ります。しかし、前述した通り、Warburungという科学者は研究を通して酸素不足で数百万個の細胞がすべて死んでも1個の死なない細胞があるということを発見して集中研究を始めました。この細胞には酸素がないので栄養源は半分燃焼し消えたまま残っていました。燃料が待ちきれず最も重要な栄養源である炭水化物が発酵し始めたのです。酸素を通した正常な燃焼(発熱)ではない発酵は細胞が、また違う熱(35度)を出し自分なりの生命活動をするための自救策です。発酵は酸素がなくても可能です。キムチを漬けるときを思い出してください。酸素なしで発酵過程を通して生き残った細胞は他でもない癌細胞です。

この科学者のこの細胞に対する理論を研究を続けていればより多くの疾病を治療する道を開いたでしょう。残念ながら酸素不足理論を発表したOtto Warburgという科学者は科学界で言及したところで終わりました。この人がもう一つの職業が医者でしたが死んでいく人を傍観できず、その命を救うためでしたが、その人がなんと“ヒットラー”でした。世の中はこの科学者にすべての責任をとらせ結局は科学界から名前はなくなりました。この冊子を精密に読んでいる方はもう推測できると思いますが細胞に正常な血液が十分に供給されると正常な細胞交換が起こり病はありません。ここで正常的な血液という正しい栄養と酸素を載せた血液でありこれらの行く道は円滑に開けれていなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です